logo

マイクロソフト、「Bing Maps」に天体観察機能を追加

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、長谷睦2010年03月18日 10時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Bing Maps」は星の世界に魅了されている。

 Microsoftは米国時間3月17日、「Bing Maps」サービスに星空を観察できる機能を追加した。これを使うと、ユーザーは地図上で「空を見上げる」ことで、地球上のあらゆる地点における星の様子を観察できる。有名ブロガーのRobert Scoble氏が、以前同社の天文プロジェクト「Worldwide Telescope」の成果を見て涙したように、またしても涙を流すことになるかは定かではないが、この新機能追加により、日中でも自分の頭上にある星を見られるようになるのは確かだ。

 MicrosoftのBlaise Aguera y Arcas氏は、2月に開催された「Technology, Entertainment, Design」(TED)カンファレンスで、Worldwide Telescopeプロジェクトをベースにして作られたこの新機能のコンセプトを披露した

 Worldwide Telescopeは、Windows向けクライアントソフトとして2008年に一般向けに初登場し、続いて「Silverlight」を用いたウェブベースのバージョンも発表された。その機能が今回、「Bing Maps」に統合されたことになる。

 以下は、TEDにおけるAguera y Arcas氏のデモ映像だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集