logo

グーグルの中国広告パートナー企業ら、事業撤退を想定した対応を求める

文:Steven Musil(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年03月18日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国におけるGoogleの広告パートナー企業らは、Googleに対して書簡を送付し、同社が中国撤退の可能性について明らかにして以来、同社計画に関する消息を「激しい痛み」の中、数週間待ち続けてきたと述べている。

 パートナー企業27社が署名するこの書簡は、現地時間3月15日に電子メール経由で、中国販売担当副社長を務めるJohn Liu氏に送付され、中国国営放送局である中国中央電視台(China Central Television:CCTV)のウェブサイトに掲載された。同書簡によると、パートナー企業らの事業は破たんの危機に直面しており、GoogleがGoogle.cnを閉鎖する場合の補償について情報を求めている。

 同書簡は、Google翻訳によると、「われわれは、Googleには自社の価値観があることは理解しているが、理解できないのは、今日に至るまで、Googleが今後のソリューションについてわれわれとまったくコミュニケーションも話し合いもしてこなかった点だ」と述べている。

 Googleにコメントを求めたがすぐには回答を得られなかった。同社関係者はThe Wall Street Journal(WSJ)に対し、同社が書簡を受け取り、内容を検討していると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集