logo

MS、「IE9」のプラットフォームプレビューをリリース

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟2010年03月17日 07時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発--Microsoftは、ブラウザの性能を向上させるため、PCからの力添えに期待をかけている。

 Microsoftのブラウザ次期版となる「Internet Explorer(IE)9」は、ウェブ上のテキストやグラフィックスのレンダリングを高速化させるため、グラフィックスチップや他のハードウェアを活用する。同社は米国時間3月16日、当地で開催のMIX10において、IE9のコードの一部を公開し、「プラットフォームプレビュー」をリリースした。同コードには新たなエンジンが含まれているものの、まだ完全版の機能が搭載されたブラウザとはなっていない。

 基調講演の前に行われたインタビューにおいて、IEのゼネラルマネージャーDean Hachamovitch氏は、同社が今後は約8週間ごとにブラウザコードのアップデートを予定しており、より完全な機能を搭載するベータ版のリリースに向けて進む方針を明らかにした。同氏はベータ版の完成時期について言及しなかったものの、筆者は、IE9の最終版が「Windows 8」の発売前にリリースされると考えている。

 同氏は、IE9に組み入れられるハードウェア加速性能が、どの他のブラウザメーカーの計画よりも非常に優れたものであると語った。それは部屋全面のカーペットと一区画分のみの敷物を比較するようなもので、とても大きな違いがあると、同氏は述べている。

 Hachamovitch氏は「ウェブ開発者が標準的なマークアップを用いつつ、ハードウェアの力を活用可能になることで実現するものは巨大である」と語っている。

 また、これとは別に、Microsoftは16日の基調講演において、「Windows Azure」で稼動するインフォメーションマーケット「Dallas」のコミュニティテクノロジープレビュー第2版を発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集