logo

フォトレポート:アートで科学をもっと身近に--科学工学の視覚化コンテスト入賞作より

文:CNET News Staff 翻訳校正:川村インターナショナル2010年02月25日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 科学の最も重要で興味深い概念の背後にある壮大なアイデアは、時として抽象的すぎて理解しにくいことがある。雑誌Scienceと米国立科学財団が主催するInternational Science and Engineering Visualization Challengeの主な目的の1つは、そのような科学的概念を、目をみはるような視覚化を通じて身近なものにすることだ。

 このコンテストの参加者が応募した写真やイラストレーション、ビデオ、インタラクティブグラフィックは、人生における数多くの神秘の裏にある美と科学を、人々が理解する助けとなるよう意図されている。このフォトレポートでは、米国時間2月19日に発表された入賞作品をいくつか紹介する。

 「Save our earth. Let's go green」と題されたこの写真は、2009年度の写真部門で最優秀賞に選ばれた。制作はハーバード大学のSung Hoon Kang氏、Joanna Aizenberg氏、Boaz Pokroy氏。同チームが設計した自己集合ポリマーを電子顕微鏡で撮影したものだ。同チームは、この髪の毛のような繊維を利用して、よりエネルギー効率の高い素材を作りたいと考えている。
Scroll Right Scroll Left

 科学の最も重要で興味深い概念の背後にある壮大なアイデアは、時として抽象的すぎて理解しにくいことがある。雑誌Scienceと米国立科学財団が主催するInternational Science and Engineering Visualization Challengeの主な目的の1つは、そのような科学的概念を、目をみはるような視覚化を通じて身近なものにすることだ。

 このコンテストの参加者が応募した写真やイラストレーション、ビデオ、インタラクティブグラフィックは、人生における数多くの神秘の裏にある美と科学を、人々が理解する助けとなるよう意図されている。このフォトレポートでは、米国時間2月19日に発表された入賞作品をいくつか紹介する。

 「Save our earth. Let's go green」と題されたこの写真は、2009年度の写真部門で最優秀賞に選ばれた。制作はハーバード大学のSung Hoon Kang氏、Joanna Aizenberg氏、Boaz Pokroy氏。同チームが設計した自己集合ポリマーを電子顕微鏡で撮影したものだ。同チームは、この髪の毛のような繊維を利用して、よりエネルギー効率の高い素材を作りたいと考えている。

提供:Sung Hoon Kang, Joanna Aizenberg, and Boaz Pokroy

 科学の最も重要で興味深い概念の背後にある壮大なアイデアは、時として抽象的すぎて理解しにくいことがある。雑誌Scienceと米国立科学財団が主催するInternational Science and Engineering Visualization Challengeの主な目的の1つは、そのような科学的概念を、目をみはるような視覚化を通じて身近なものにすることだ。  このコンテストの参加者が応募した写真やイラストレーション、ビデオ、インタラクティブグラフィックは、人生における数多くの神秘の裏にある美と科学を、人々が理解する助けとなるよう意図されている。このフォトレポートでは、米国時間2月19日に発表された入賞作品をいくつか紹介する。  「Save our earth. Let's go green」と題されたこの写真は、2009年度の写真部門で最優秀賞に選ばれた。制作はハーバード大学のSung Hoon Kang氏、Joanna Aizenberg氏、Boaz Pokroy氏。同チームが設計した自己集合ポリマーを電子顕微鏡で撮影したものだ。同チームは、この髪の毛のような繊維を利用して、よりエネルギー効率の高い素材を作りたいと考えている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]