フォトレポート:アートで科学をもっと身近に--科学工学の視覚化コンテスト入賞作より - 3/12

文:CNET News Staff 翻訳校正:川村インターナショナル2010年02月25日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ノースカロライナ大学チャペルヒル校のBriana Whitaker氏とBriana Carstens氏は、実験中に、高さがわずか10ミクロンの花のようなポリマーの写真を撮影した。皮膚の傷口をふさぐ細胞の状態を調べている時に、通常は柱状に積み重なっているポリマーが倒れて、このようなカラフルな模様ができた。その結果生まれたこの写真は、写真部門の特別賞を受賞した。
Scroll Right Scroll Left

 ノースカロライナ大学チャペルヒル校のBriana Whitaker氏とBriana Carstens氏は、実験中に、高さがわずか10ミクロンの花のようなポリマーの写真を撮影した。皮膚の傷口をふさぐ細胞の状態を調べている時に、通常は柱状に積み重なっているポリマーが倒れて、このようなカラフルな模様ができた。その結果生まれたこの写真は、写真部門の特別賞を受賞した。

提供:Russell Taylor, Briana K. Whitaker, and Briana L. Carstens, University of North Carolina at Chapel Hill

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]