logo

長崎県新上五島町、三菱自動車の電気自動車「i-MiEV」を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱自動車工業は2月19日、長崎県新上五島町に電気自動車「i-MiEV」7台を納車したと発表した。3月までに新上五島町および五島市に合計100台を納車する計画だ。

 長崎県は2009年3月、電気自動車(EV)およびプラグインハイブリッド車(PHV)の本格普及に向けたモデル地域「EV・PHVタウン」として国に選定されている。この構想の主要プロジェクトとして、五島地域において電気自動車とITS(高度道路交通システム)が連動したドライブ観光システムを配備する計画で、産学官による連携組織「長崎EV&ITSコンソーシアム(長崎エビッツ)」を立ち上げている。三菱自動車もこのコンソーシアムの一員だ。

 i-MiEVは地元の観光情報などを入手しながらドライブ観光が楽しめるEVレンタカーとして活用される予定になっている。

i-MiEV 長崎県新上五島町に納車された「i-MiEV」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]