logo

東芝、600Gバイトの2.5型エンタープライズ向けHDDなど3機種を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は2月17日、2.5型HDDのラインアップとして、性能向上と低消費電力化を両立した業界最大クラスの記憶容量注600GバイトのHDD「MBF2600RC」、450Gバイト「MBF2450RC」、300Gバイト「MBF2450RC」の計3機種を発表した。今回のエンタープライズ向けHDD市場の参入は、富士通のHDD事業を統合したことで実現したという。

 新製品は、垂直磁気記録方式の磁気ヘッドやディスクの磁性層の改良により、MBF2600RCで、面記録密度をエンタープライズ向け2.5型HDD商品としては業界最高の595Mビット/平方ミリメートル(384Gbpsi)に向上。既存のエンタープライズ向けの3.5型HDDと並ぶ600Gバイトになった。

 オプションとして暗号化機能を選択でき、データセキュリティやHDDの廃棄、再利用時、リース期間終了時のデータ取り扱いにおいて、安全性を向上。待機時にはディスクの回転を下げることで、復帰時間を短く保ちながら、2.5Wという低消費電力も追求している。

 MBF2600RCでは、従来機種に比べて線記録密度を向上させ、内部転送レートを191.5Mバイト/秒から216Mバイト/秒へと約13%改善した。また、高速シークなどパフォーマンスの向上も実現している。

 MBF2600RCでは、従来機種と比較して、エネルギー消費効率を約45%改善したとのことだ。

「MBF2600RC」 「MBF2600RC」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]