logo

富士フイルム、LEDバックライト採用で省エネ設計のデジタルフォトフレーム

加納恵(編集部)2010年02月02日 16時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは、LEDバックライトを採用したデジタルフォトフレーム「DP-1020SH」「DP-850SH」「DP-700SH」の3機種を発表した。2000対1の高コントラストを実現した高画質タイプなどを揃える。

 いずれも高速赤外線通信を内蔵し、対応のデジタルカメラや携帯電話から画像が取り込めるほか、USB経由、カードスロット経由でもデータが保存できる。カードスロットはメモリースティック、SDカード、xDカード、コンパクトフラッシュなど15種類に対応する。

 最上位機となるDP-1020SHは、10.2型のシャープ製「新モード液晶」を採用。従来比2倍となる2000対1の高コントラストを実現しているという。黒の表現力に優れ、鮮やかなデジタル写真を鑑賞できるほか、アンチグレア処理により光映り込みを低減したとのことだ。2Gバイトのメモリを内蔵している。発売は3月13日から。店頭想定価格は4万円前後となる。

 DP-850SHは、8.5型のASV液晶を搭載した。画面への光の映り込みを抑えるアンチグレア処理を採用している。内蔵メモリは2Gバイト。3月13日に発売する。店頭想定価格は2万8000円前後。DP-1020SHとDP-850SHは、静止画のほか、音声付き動画も再生できる。

 DP-700SHは、7型のASV液晶を採用した。内蔵メモリは1Gバイトを用意。2月20日に発売する。店頭想定価格は1万8000円前後になる。

 全機種に、設定した日時になると、あらかじめ指定した画像をスライドショー再生する「記念日お知らせ機能」、フォルダごとのインデックス表示やスライドショー再生を可能にする「フォルダ絞込み機能」などのスライドショーを装備。LEDバックライトを採用することで、冷陰極管方式バックライトの液晶パネルと比較して消費電力が約半分に抑えられるとのことだ。

「DP-1020SH」「DP-850SH」「DP-700SH」 「DP-1020SH」「DP-850SH」「DP-700SH」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]