logo

アレ、そっくり?--中国トンデモケータイ図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何かに似てる?」「いやいやオリジナルだ!」

 中国トンデモケータイは海外の大手メーカーのデザインをちょこっと真似してしまう“お行儀の悪い製品”も中にはある。完全に見た目をコピーしてしまったイケナイ連中よりはいいだろうが、安易に他社の物まねをしてしまうのはちょっと考えものだ。これまで紹介してきたようにオリジナルのデザインでも十分勝負できるケータイはたくさんあるのだから、トンデモメーカーたちもぜひオリジナリティーで勝負してもらいたいものだ。

 でも「ぜひこんなケータイを作ってほしい」とか「なんでこんなケータイが出てこないんだろう」なんて時々思うこともあるよね?とはいえ、我々一般消費者がそう思ったからといって大手有名メーカーのほうでそれをすぐ商品化してくれるわけじゃないのが世の常。そんな消費者の声をすぐに拾い上げてくれるようなメーカーはないのだろうか?いや、あるのだよ。そう、それが実は中国のトンデモケータイメーカーたちだったりする(笑)。今回紹介するトンデモケータイも「なんでこれが今までなかったんだろう」と思えるようなデザインを実現してくれているのだ。

 外観を見れば誰もが「あ、これってあの有名な音楽プレーヤーの携帯版?」と思うに違いないこのトンデモケータイは、「egs」というメーカーの「F210」という製品だ。egsにはご丁寧に中国語の発音そっくりな「伊吉思」の中国語名まで与えられてる。トンデモケータイとしては珍しくブランディングというかメーカー名にこだわりを持っているようだ。

 しかもパッケージにはオリジナリティーが見られ「ただのモノマネ」にしていないあたりは好感が持てる。立方体に音楽コントローラーの図柄を載せたパッケージはこのまま街中のCDショップ店頭などに置いておけるデザインだろう。ここまでちゃんとできるなら、いっそ世界中で製品を発売しても大丈夫なんじゃないだろうか。とはいえ「うーん、このケータイって、アレそっくりですよね」と各国で問題になっちゃうかもしれないけど。

他に例を見ないピンクで立方体のパッケージ 他に例を見ないピンクで立方体のパッケージ(※画像をクリックすると拡大します)

しゃれたパッケージ、実は流用品?

 egs F210のパッケージを改めて見てみよう。キューブデザインが新鮮なだけではなく、ピンクカラーはどこの携帯電話ショップに並べられていてもでも目立ちそうだ。「韓国デザイン」と書いてあるもののこれは「ファッショナブルな韓国」という意味合いがあるようで、実は端末がアノ製品に似ているから「いやー、中国でデザインしたんじゃないですよ、本当。違うんですよ、我々がデザインしたんじゃないんですから」という言い訳のためのような気がしないでもない(笑)

 でもパッケージ上にあるアイコンやハートマーク、キャッチコピーなどは全体としてバランスが取れているし雰囲気は悪くない。もしかしたらどこからかのデザインの流用かもしれないが、そんなことを感じさせない雰囲気が漂っているように思えないだろうか。なおパッケージの底にはなぜか大きな穴が開いている。上部の音楽再生アイコンとデザインをあわせてのことなのだろうが、何故に穴?単純に大きい黒い丸い紙でも貼り付ければよかったんじゃないの?

 あ、もしかして100円ショップなどで売っている「トイレットペーパーを机上で使うための箱」か何かの流用品?遠からずそんなところっぽい気がしてきた。いまや100円ショップの雑貨の大半は中国製。それを流用してパッケージにしてしまうというアイディアは中国なら十分ありうるだろう。実際にトイレットペーパーを入れてみたら、ありゃ、サイズぴったりじゃん(笑)

egsはメーカー名なのかブランドなのか。design in Koreaってのは話半分に聞いとくべき egsはメーカー名なのかブランドなのか。design in Koreaってのは話半分に聞いとくべき(※画像をクリックすると拡大します)
Change my life a little、って中国にしては控えめな表現だ(笑) Change my life a little、って中国にしては控えめな表現だ(笑)(※画像をクリックすると拡大します)
パッケージ底には穴。黒い紙を内部に敷いて蓋にしているが何でこんな構造なんだろう? パッケージ底には穴。黒い紙を内部に敷いて蓋にしているが何でこんな構造なんだろう?(※画像をクリックすると拡大します)
トイレットペーパーを入れてみたらぴったり(笑) トイレットペーパーを入れてみたらぴったり(笑)(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]