logo

中国の歴史を体験!始皇帝ケータイ、君臨!--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 5)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

始皇帝と歴史の勉強だ

 さてせっかく付属してくる兵馬俑のミニチュアたち、箱に入れておくのはもったいない。せっかくだから部屋の中にインテリアとして飾っておいてあげたいものだ。あるいはお子さんのおもちゃとして与えてあげれば、もしかしたら中国史や歴史に興味を持つようになるかもしれない。

 また部屋に飾る際は発掘された兵馬俑よろしく、砂を敷き詰めたトレイの上に並べる、なんていうのも面白い。筆者も始皇帝ケータイを買ってすぐにやりたかったのが「砂に埋めての発掘作業ごっこ」(笑)。ミニチュアのレプリカであろうとも、兵馬俑たちの「地上に出てきたい」という魂の叫びがなんとなく伝わってくるのだ。

 この「歴史的重要人物モチーフ」ケータイ、中国は三国志やら孫悟空やら著名な歴史上の人物だらけだ。次はどんな歴史人物がケータイになるだろうか?そしてどのメーカーがそんな無謀な製品作りにチャレンジするのか?楽しみにしたい。

あらためてミニチュア銅像を並べてみる。うーん、これケータイの記事なんだろうか?(笑) あらためてミニチュア銅像を並べてみる。うーん、これケータイの記事なんだろうか?(笑)(※画像をクリックすると拡大します)
始皇帝ケータイ発掘、てなイメージを砂場で表現 始皇帝ケータイ発掘、てなイメージを砂場で表現(※画像をクリックすると拡大します)
ちなみにマニュアルの表紙もきちんと凝っている ちなみにマニュアルの表紙もきちんと凝っている(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]