logo

FTC、反競争的なビジネス慣習でインテルを提訴 - (page 2)

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:湯木進悟2009年12月17日 07時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは16日午前、これに反論し、FTCの提訴は「見当違い」であり情報不足な内容であると力強く非難した。

 Intelは、公正かつ合法的な競争を展開してきた。また、消費者に恩恵をもたらしてきた。Intelが主要な地位を確保している非常に競争の厳しいマイクロプロセッサ業界では、他の業界とは比較にならないスピードで強力な技術革新と低価格化が進んできた。FTCの提訴は見当違いである。それは、主にFTCが十分な調査もせずに急いでまとめた告発内容に基づくものである。さらに、明らかに現行の法律に則したものではなく、むしろ、商行為を規制する新たな規則の制定が意図されている。そのような規則は、革新性の低下と値上げにより、消費者に損害を及ぼすものとなるだろう。

 Intelは、今回の提訴が本格的な訴訟に発展することなく、和解によって解決されるべきものであるとも付け加えた。

 Intelの新たな法律顧問であるDoug Melamed氏は声明で、「これまで和解を目指す協議は大きく進展してきたものの、訴状でも明らかにされている合法的な価格競争の制限と知的財産権の施行を含む、前例のない規模の賠償を、FTC側が断固として要求する姿勢を示したため、Intelとしては、ビジネスを続けることさえ不可能となる恐れがあるゆえに受け入れることができず、協議は暗礁に乗り上げてしまった」と述べている。

 FTCは現在、Intelに対し、排他的な契約を結んだり、競争を阻害したり、チップ販売価格を操作したりするための脅迫行為やバンドル価格の提示、その他の見返りなどの提供を行うことがないように規制する差し止め命令を要求していく方針である。FTCはまた、Intelに対し、競合するチップの販売を抑制したり、競合製品のパフォーマンスを低下させる製品を製造したりすることを禁じる裁判所命令を検討していくという。

 これまでの訴訟は、Intel、Advanced Micro Devices(AMD)、CPUという対象に絞られたものとなっていたが、FTCは今回、新たにNVIDIAなどのチップメーカーが提供するGPUも対象に加えている。

 FTCは声明で「伝えられているところでは、Intelはまたもや、競争で遅れを取っていると考えているようだ。今回はグラフィックス処理ユニット、一般的にはGPU、の重要市場および他の関連市場においてである。こうした製品群はCPUの必然性を低めるものとなっており、それゆえにIntelの市場独占力にとっては脅威ともなっている。Intelは、この厳しい競争が求められる挑戦に対して、以前にも用いた反競争的な戦略でもって対抗しようとしており、NVIDIAが製造するようなGPUチップからもたらされる潜在的な競争を排除して、CPU市場での独占的地位を守ろうとしてきた。一連の最新のキャンペーンの中で、Intelは、その独占力を保持するために、潜在的な対抗企業を誤導して騙す戦略を取ってきた。さらに、Intelの反競争的で不公正なビジネス慣習により、GPUチップ市場においても独占的な地位を確保しようとしているという危険な可能性も、今回の訴状では指摘している」と語った。

 Intelは11月、AMDに対して12億5000万ドルを支払うなどの条件にて、独占禁止法違反をめぐる訴訟でAMDと和解している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]