logo

フォトレポート:インテルの48コアプロセッサ「Single-chip Cloud Computer」

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年12月03日 15時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Intelは米国時間12月2日、「Single-chip Cloud Computer(SCC)」プロセッサを発表し、デモを行った。SCCプロセッサは48コア(24のデュアルコアの「タイル」)で、これらは高速メッシュネットワークに接続されている。Intelは、2010年に少なくとも100個の実験用チップを研究者に配布予定で、これによって、マルチコアシステムとソフトウェアデザインへの新たな取り組みにつなげたい考えだ。同社の野心的なマルチコアアプローチによって、コンピュータはいずれ、人間の視覚や言語能力に匹敵するほどの作業能力を持つようになると、Intelは考えている。
Scroll Right Scroll Left

 Intelは米国時間12月2日、「Single-chip Cloud Computer(SCC)」プロセッサを発表し、デモを行った。SCCプロセッサは48コア(24のデュアルコアの「タイル」)で、これらは高速メッシュネットワークに接続されている。Intelは、2010年に少なくとも100個の実験用チップを研究者に配布予定で、これによって、マルチコアシステムとソフトウェアデザインへの新たな取り組みにつなげたい考えだ。同社の野心的なマルチコアアプローチによって、コンピュータはいずれ、人間の視覚や言語能力に匹敵するほどの作業能力を持つようになると、Intelは考えている。

提供:Intel

 Intelは米国時間12月2日、「Single-chip Cloud Computer(SCC)」プロセッサを発表し、デモを行った。SCCプロセッサは48コア(24のデュアルコアの「タイル」)で、これらは高速メッシュネットワークに接続されている。Intelは、2010年に少なくとも100個の実験用チップを研究者に配布予定で、これによって、マルチコアシステムとソフトウェアデザインへの新たな取り組みにつなげたい考えだ。同社の野心的なマルチコアアプローチによって、コンピュータはいずれ、人間の視覚や言語能力に匹敵するほどの作業能力を持つようになると、Intelは考えている。

-PR-企画特集