カシオと凸版印刷が有機ELディスプレイで協業--新会社設立へ

加納恵(編集部)2009年11月09日 16時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カシオ計算機と凸版印刷は11月6日、有機ELディスプレイを含む中小型ディスプレイ事業に関して協業すると発表した。カシオが2010年2月末までに100%出資の新会社を設立し、その株式の一部を凸版印刷に譲渡するという。

 新会社では、現在カシオ計算機が製造・販売している中小型TFT液晶ディスプレイに有機ELのラインアップを追加。有機ELとTFT液晶ディスプレイの研究、開発、製造、販売を手がけるとのこと。

 カシオ計算機では、中小型TFT液晶ディスプレイ事業に関連する技術・製造設備を所有するほか、有機EL駆動技術を有している。一方、凸版印刷では、印刷技術をいかした微細加工技術を持ち、新会社では両社の技術を用いることで、有機ELディスプレイの早期量産化の実現を狙う。

 新会社の名称、所在地は未定だが、代表取締役社長にはカシオ計算機の執行役員デバイス事業部長の大野一郎氏が就任するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加