logo

MSの巨大データセンター--最新設備に見るクラウドへの取り組み - (page 2)

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年11月06日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは同社のデータセンターの詳細を多く公開しているが、口を閉ざしておきたい事柄もある。例えば、正確な所在地やそこで働く従業員の氏名、さらにはラックやコンテナを埋めるサーバのブランド名といったことだ。

 また、各設備でどのサービスを稼働させているかについても、正確なところは口をつぐんでいる。ただし、シカゴにあるデータセンターの上階のサーバルームにたくさん貼られている「Bing」のポスターは、そこで何が行われているかを十分示唆している。

 Microsoftはもともと、このシカゴのデータセンターを2008年に開設するつもりだったが、経済不況や度重なる全社的な経費削減に伴い、データセンター建設のペースを落とした。このデータセンターは当初の予定より遅れて、9月下旬に落成を迎えた。

SidekickとAzure

 しかし、それから1カ月もたたないうちに、Microsoftのデータセンターはまったく別の理由で注目を浴びることとなった。MicrosoftがDanger買収の一環として獲得した、より旧式のデータセンターにおける大規模なサーバ障害によって、多くのT-Mobile「Sidekick」ユーザーが、自分のデータにアクセスできなくなった。機能停止は月をまたぎ、本稿執筆時点も続いている。

 Sidekickはまったく異なるアーキテクチャを使用しているが、この障害は、クラウドコンピューティングに対する最大の不安が顕在化した一例となった。ある日目覚めてみると、自分のデータがなくなっているという不安だ。

 Microsoftはすぐに、Sidekickの構成と、Microsoftがシカゴやそのほかの場所に建設しているデータセンターとの違いを強調した。Windows AzureゼネラルマネージャーDoug Hauger氏は、Sidekick障害後の声明の中で次のように述べている。「われわれはユーザーデータのレプリカを複数作成し、複数のデバイスに書き込んでいる。このため単一または複数の物理ノードに障害が発生した場合でも、データを利用できる」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]