logo

フォトレポート:分解、新型「MacBook」--新しいユニボディデザインの内部 - 33/35

文:Mark Kaelin(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年10月30日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ディスプレイアセンブリは、両側に1個ずつ、計2個の大きなT8ねじで固定されている。

 Appleは、このマシンで実に多くの種類のねじを使っている。われわれがこれまでに見つけたのは、トライウィングねじ、00番のプラスねじ、そしてT6、T7、T8トルクスねじだ。

 iFixitは、これらのねじのすべてを取り外すことができるドライバセットを販売している。トライウィングねじは、1.5mmフラットヘッドビットを使えば外すことができる。近いうちに、ドライバセットに本物のトライウィングビットを追加する予定だ。

 ディスプレイアセンブリは、両側に1個ずつ、計2個の大きなT8ねじで固定されている。

 Appleは、このマシンで実に多くの種類のねじを使っている。われわれがこれまでに見つけたのは、トライウィングねじ、00番のプラスねじ、そしてT6、T7、T8トルクスねじだ。

 iFixitは、これらのねじのすべてを取り外すことができるドライバセットを販売している。トライウィングねじは、1.5mmフラットヘッドビットを使えば外すことができる。近いうちに、ドライバセットに本物のトライウィングビットを追加する予定だ。

提供:iFixit, used by permission

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]