logo

アメーバピグ、会員数140万人に--ペットを飼える機能も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは10月28日、同社が運営するコミュニティサービス「アメーバピグ」の会員数が140万人に達したと発表した。ペットを飼える機能も同日追加した。

 アメーバピグは、自分に似たキャラクターをアバターとして作成し、ほかのユーザーとコミュニケーションできるサービス。2月にサービスを開始し、10月に人気アイドルグループAKB48やテレビ朝日とコラボレーションしたことでユーザーが加速度的に増加したという。現在、月間約30万人ペースでユーザーが増えているとのこと。

 新たに追加したペット機能は、ユーザーがアメーバピグ内でイヌやネコ、パンダといったペットを飼えるというもの。ペットはおでかけエリアに新設される「北海道」エリアの「イヌカイさんの牧場」にて、780アメゴールドから購入できる。なお、アメゴールドとはAmeba内の仮想通貨で、1アメゴールドが1円。500アメゴールドから購入可能となっている。

 ユーザーは、ペットを連れてのおでかけや、なでる、エサをあげるなどの方法で「なかよし度」をアップさせ、飼育を楽しむ。ペットは性別やルックス、100以上の性格などからユーザー自身が好みのものを選べるようになっている。

アメーバピグ 「アメーバピグ」では新たにペットが飼える

-PR-企画特集