東芝、燃料電池「Dynario」を限定販売--1回の燃料注入で携帯電話約2回分の充電

加納恵(編集部)2009年10月22日 16時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は、ダイレクトメタノール方式を採用した燃料電池「Dynario」(ディナリオ)を商品化した。10月29日から直販サイト「Shop1048」において3000台限定で販売する。

 販売されるのは、モバイル燃料電池本体「PF60A000001」(価格:2万9800円)と1本50mlの専用燃料カートリッジ5本セット「MC050A00001」(価格:3150円)。燃料電池本体は約高さ74.5mm×幅150mm×奥行き21mmで、重量は約280g。14mlの燃料タンクを内蔵する。

 ダイレクトメタノール方式は、メタノールを燃料として発電する燃料電池方式の1つ。ディナリオはリチウムイオン電池とのハイブリッド構造を採用し、専用燃料カートリッジから燃料を注入することで発電し、モバイル機器へと電気を供給する。燃料注入時間は約20秒。1回の注入で携帯電話約2回分の充電が可能だ。

 東芝では、燃料に高濃度メタノールを使用する技術を開発し、燃料電池、燃料カートリッジの小型・軽量化を実現。さらに、メタノールを少ない液量で発電できる独自のセル技術、燃料の安定供給機構、内蔵マイコンによる制御などにより、安定した電力を供給できるとしている。

 ディナリオを用いて充電できるモバイル機器は、携帯電話、デジタルプレーヤー、ポータブルゲーム機など。対応機器の詳細はディナリオのホームページに掲載されている。

ディナリオと燃料カートリッジの使用イメージ ディナリオと燃料カートリッジの使用イメージ
説明 燃料カートリッジ(左)とディナリオ(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加