logo

富士通、FMVシリーズ冬モデル--全シリーズにWindows 7搭載、タッチパネルモデルも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は10月13日、個人向けPC「FMVシリーズ」の2009年冬モデルとして、ノートPC「FMV-BIBLO」8シリーズ14機種と、デスクトップPC「FMV-DESKPOWER」2シリーズ5機種の計10シリーズ19機種を発表した。10月22日より販売を開始する。

 全機種に最新OS Windows 7を採用し、「FMV-BIBLO MTシリーズ」と「FMV-DESKPOWER Fシリーズ」には、キーボードやマウスを使わなくても、画面をタッチして操作できるWindows 7の新機能「Windowsタッチ」機能を搭載した。

Windowsタッチ採用のノートPCも登場--「FMV-BIBLO MT」シリーズ

  • 「FMV-BIBLO MTシリーズ」

 FMV-BIBLO MTシリーズでは、Windowsタッチ機能とタブレットモードに対応した「MT/E50」1機種をラインアップ。12.1型ワイド液晶(1280×800ドット)を採用し、2Gバイトメモリと320GバイトのHDDを搭載した。

 タッチ操作パネルからインターネットや写真、お絵かきを楽しむソフトなどが起動できるほか、キーボードを使用しないタブレットモードでも、予測入力機能により少ないタッチ操作で文字入力ができる独自の「タッチ文字入力」を搭載した。

 主に家庭内での利用を想定した製品で、リビングやキッチンなどさまざまな場所で使って欲しいとしている。重量は約1.89kg。市場想定価格は15万円前後の見込み。

ネットブックの上位版--「FMV-BIBLO LOOX Cシリーズ」

  • 「FMV-BIBLO LOOX C」シリーズ

 モバイルPCの中でもっとも富士通が力を入れるのは、ネットブックよりも薄型でスペックを強化したノートPC「FMV-BIBLO LOOX Cシリーズ」だ。「LOOX C/E70」(10万円前後)と「LOOX C/E50」(8万円前後)の2機種をラインアップした。

 LOOX C/E70にはデュアルコアCPU インテル Core 2 DuoプロセッサSU9400採用し、LOOX C/E50にはインテル Celeron プロセッサSU2300を搭載した。大容量2Gバイトメモリや高解像度表示(1366×768ドット)に対応した11.6型ワイド液晶、Windows 7 Home Premiumを搭載するなど、ネットブックとは一線を画すスペックを備えた。

 カバンに出し入れやすい最薄部約26.4mmの薄型筐体や、約9.2時間の長時間バッテリ稼働、他のPCのDVDドライブをネットワークで共有できる「DVDドライブ共有機能」など、モバイル性能や使い勝手も強化した。

 カラーバリエーションとして、「シャイニーブラック」「ルビーレッド」「マリンブルー」の3色を用意している。

  • 「FMV-BIBLO Rシリーズ」

 このほか、FMV-BIBLOシリーズ2009年冬モデルとしては、16型ワイド液晶を搭載したハイスペックAVノート「FMV-BIBLO NWシリーズ」1機種(20万円前後)と、15.6型ワイド液晶を搭載したスタイリッシュ・スリムノート「FMV-BIBLO NFシリーズ」4機種(15万円半ば〜)を発表。さらに、500GバイトにHDD容量をアップさせた14.1型ワイド液晶を搭載のコンパクトノート「FMV-BIBLO Sシリーズ」1機種(15万円前後)もラインアップした。

 14.1型ワイドおよび13.3型ワイド液晶を搭載した大画面ハイスペック・モバイルノートとしては、「FMV-BIBLO MGシリーズ」2機種(17万円半ば〜)、12.1型ワイド液晶を搭載した大画面ビジネスモバイルノート「FMV-BIBLO Rシリーズ」2機種(15万円前後〜)、10.1型ワイド液晶を搭載したネットブック「FMV-BIBLO Mシリーズ」1機種(6万円前後)が発表された。

Windowsタッチ機能を搭載したデスクトップPC--「FMV-DESKPOWER Fシリーズ」

  • 「FMV-DESKPOWER Fシリーズ」

 デスクトップPCとなる「FMV-DESKPOWER Fシリーズ」は、「F/E90D」(23万円前後)と「F/E70T」(19万円台半ば)、「F/E60」(16万円台前後)の3機種をラインアップし、全機種にWindowsタッチ機能を搭載した。

 左右各80度に回転し、ディスクの出し入れに便利な「スイーベル」機能と、画面角度を上に30度まで調節できる「チルト」機能に対応し、省スペース設計ながら、Windowsタッチ機能の使いやすさを追求したという。

 F/E90Dでは、高精細なHD対応23型ワイド液晶を搭載し、デジタル放送やBlu-ray Discをフルハイビジョンで楽しめる。また、専用LSI「Dixel HDエンジン」を搭載し、ハイビジョン画質のままでHDDに5倍録画できる長時間録画機能や、ハイビジョン画質のままDVDに約2時間保存ができるAVCRECに対応した。

 F/E70Tでは、ダビング10に対応した「地デジ対応Windows Media Center」を搭載。CPRM対応のDVD-RAMやDVD-R、DVD-RWへの保存に対応し、Blu-ray Discにハイビジョン画質のまま録画番組を保存できる。

 カラーバリエーションとして、全機種でスノーホワイトとエスプレッソブラック、ルビーレッドの3色を用意。本体デザインに合う薄型のキーボードと光沢感のあるレーザーマウスが付属する。

 FMV-DESKPOWERシリーズ2009年冬モデルとしては、このほかに、フルHD対応24型ワイド液晶および22型ワイド液晶を搭載したハイスペックPC「FMV-DESKPOWER CEシリーズ」2機種(16万円台半ば〜)がラインアップされている。

-PR-企画特集