logo

ケータイサイズのハイビジョンビデオカメラ--ビクター「PICSIO」誕生

加納恵(編集部)2009年09月25日 12時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビクターは9月25日、薄さ17mm、重量95gの携帯電話サイズのボディにハイビジョンビデオ撮影機能を内蔵した、ビデオカメラ「PICSIO」(ピクシオ)シリーズを発表した。「GC-FM1」として発売する。発売は9月下旬から。価格はオープンだが、店頭想定価格は2万円前後となる。

 GC-FM1は、高さ97mm×幅53mm×奥行き17mm、重量95gの超コンパクトなビデオカメラ。有効画素数203万画素、1/3.2型のCMOSセンサーを内蔵し、1440×1080ドットのハイビジョン動画と、最大8メガの静止画を撮影できる。

 携帯電話のような簡単オペレーションを採用したという操作キーは、十字キーをセンターに据えたシンプルなもの。メニュー画面は存在せず、直感的な操作を提供するとしている。

 また、PCとの親和性を重視し、USB接続することでYouTubeへの動画アップロードとiTunesへの動画転送をサポート。本体にはHDMI端子も装備している。

 日本ビクターでは、PICSIOは「カジュアル」をキーワードにしたパーソナルカメラとして10〜20代をターゲットに販売していきたいとしている。

  • 幅53mm、フラットなデザインは携帯電話のよう

  • レンズ部。デジタルズーム4倍を備える

  • 記録メディアはSD/SDHCメモリカード

  • マクロ切り替えスイッチを装備

  • USB2.0、HDMI出力、AV出力

  • 三脚穴とストラップホルダー

  • 液晶モニタは2.0型。撮影済み動画はサムネイルが表示される

  • 本体カラーはブルー、パープル、ブラックの3色

  • パッケージもコンパクトだ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]