logo

ペアレンタルコントロール企業、収集情報を企業向けに販売--マーケティングに活用へ

文:Larry Magid(Special to CNET News) 翻訳校正:湯木進悟2009年09月08日 07時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 子どもたちを狙う悪意ある大人やオンラインいじめからの保護、未成年には不適当なウェブサイトへの訪問のブロックなどに活用されるソフトウェアが、(インターネット上の)子どもたちの会話から情報を収集して、マーケティングに用いることを望む他の企業に対し、その収集データを統合したフォームで販売していることが明らかになった。

 Echometrixの最高経営責任者(CEO)であるJeffrey Greene氏は、同社が販売する「Sentry Parental Controls」について、子どもたちがインスタントメッセージングやチャットルームで略して打ち込む「POS(親に監視されている)」といったスラングに代表される「ウェブ英語」とも呼ばれる表現をカバーした、2万9000語に上るデータベースを分析しつつ、もし子どもたちがインターネット上で不適切な利用をしていると判断するならば、保護者に警告を発する機能が搭載されていると説明した。

 また、単に子どもたちの問題となりそうなインターネット利用を保護者に通知するのみならず、同社は、総合的に収集された情報のサマリデータを他社へと販売している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]