logo

ソニー、台湾の鴻海精密工業と液晶テレビ生産で提携

加納恵(編集部)2009年09月01日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーと台湾の鴻海精密工業は9月1日、米州における液晶テレビの生産について提携すると発表した。ソニーグループが所有するソニーバハカリフォルニアの株式90%とティファナ工場の生産関連資産を鴻海精密工業へと譲渡する。これにより、ソニーバハカリフォルニアの出資比率は鴻海精密工業90%、ソニーグループ10%になるという。

 ソニーバハカリフォルニアは、1985年メキシコのバハ・カリフォルニア州に設立。液晶テレビやチューナー、カーオーディオなどの生産を担当してきた。ソニーでは今回の提携関係により「外部のリソースを積極活用することで固定費その他のコストの削減を進め、収益改善と事業の拡大を促進する」としている。

 ティファナ工場は、譲渡完了後もソニーの米州向け液晶テレビ生産の拠点という位置付けは変わらず、従業員の雇用もそのまま継続されるとのことだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]