logo

シャープ、約10万語のネイティブ音声を搭載した電子辞書「Papyrus PW-AM700」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは8月24日、生活からビジネス、海外旅行まで役立つ充実の30コンテンツを収録した電子辞書「Papyrus(パピルス)PW-AM700」の2モデルを発表した。コンパクトサイズの電子辞書では初めて英単語で約10万語のネイティブ音声を搭載している。9月11日に発売する。価格はオープンだが、店頭想定価格は2万円前後となる。

 Papyrus PW-AM700には、米国人ネイティブスピーカーによる発音データ「ジーニアス・サウンズV5」に収録されている約10万語の英単語を内蔵。正確なネイティブ音声で、英語の発音を確認できるという。

 そのほかの収録コンテンツは「広辞苑第六版」「ブリタニカ国際大百科事典」など。経営・株式・金融・流通・不動産・会計・広告を網羅した7種類のビジネス用語集や、ネイティブ音声付きの「わがまま歩き旅行会話(7カ国語)」(英語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、韓国語、中国語)といったビジネスや海外旅行に役立つ30コンテンツを内蔵している。

 本体カラーはライトシルバーとカシスレッドの2色。サイズは高さ15.6mm×幅128mm×奥行83.5mmとコンパクトで、ワイシャツの胸ポットに入れて携帯も可能。4.5型ワイドのモノクロ液晶を搭載した。文字サイズやプレビュー画面はユーザーが簡単にカスタマイズ可能だ。

「Papyrus PW-AM700」 「Papyrus PW-AM700」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]