logo

PCとモバイルの検索に関する比較調査--公式メニューからの検索、キャリアごとに差

Webマーケティングガイド2009年08月25日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同でPCとモバイルの検索に関する比較調査を実施した。調査では、ボーダーズが提供するセルフ型アンケートリサーチシステム「アンとケイト」を使用した。

 前回の「PCの検索とモバイルの検索の比較調査」では、PCとモバイルそれぞれの検索に関する不満をまとめた。その結果、PCに比べて比較的モバイルの検索に不満が多い点や、モバイルの検索結果が不満でPCで検索し直す人がいることがわかった。

 今回のPCとモバイルの検索に関する比較調査では、検索結果をどれだけ見るかや、どのような検索エンジンを利用しているか調査した。

【調査結果サマリー】

  • PCの検索、モバイルの検索共によく利用する人はPCの方が多くの検索結果を見る
  • 検索結果は2ページ目まで見る人が多い
  • モバイルの検索では各キャリアの公式メニューから検索する人が約半数となっている
  • ソフトバンクモバイル、auでは公式メニューから検索する人が多く、ドコモではブックマークした検索サイトから検索することが多い

 調査対象は、10代〜50代の男女431人。性別は男女共に50%。年代別は10代:28.0%、20代:28.0%、30代:20.0%、40代:15.0%、50代:9.0%となっている。

Q1.検索をした時、検索結果画面は何ページ目まで見ることが多いか

 Q1では、検索結果を何ページ目まで見るかを、PCとモバイルそれぞれで尋ねた。結果まず、PCでは「1ページ目まで」が14.4%、「2ページ目まで」が25.8%、「3ページ目まで」が23.0%、「4ページ目まで」では8.8%、「5ページ目まで」が14.4%、「6ページ以上」見る人は合計13.7%となった。多い順では、「2ページ目まで」見る人、続いて「3ページ目まで」見る人、「1ページ目まで」見る人と「5ページ目まで」見る人となった。

 一方でモバイルは「1ページ目まで」が27.4%、「2ページ目まで」が32.9%、「3ページ目まで」が24.4%、「4ページ目まで」が5.1%、「5ページ目まで」が6.3%、「6ページ以上」見る人は合計3.9%となっていた。多い順では、「2ページ目まで」見る人、続いて「1ページ目まで」見る人、「3ページ目まで」見る人となった。

 どちらも「2ページ目まで」見るという人が最も多くなっているが、傾向としてPCの方が多くの検索結果を見られていると言うことができるだろう。

検索結果を何ページ目まで見るか 検索結果を何ページ目まで見るか

 この結果をキャリアごとにクロス集計したが、各キャリアごとに特徴は見られなかった。

Q2-1. モバイルで検索する際、キャリアの公式メニューとブックマークに登録した検索サイトのどちらから検索することが多いか

 Q2では、モバイルに限定し、検索する時に各キャリアのメニューからが多いか、ブックマークから検索することが多いか尋ねた。結果、公式メニューから検索することが多い人が50.8%、ブックマークに登録した検索サイトから検索することが多い人が36.2%、両方同じくらいの人が10.4%、わからない人が2.6%となった。約半数の人がそれぞれの公式メニューから検索をしていることが伺える。

モバイルの検索方法 モバイルの検索方法

 この結果をキャリアごとに見るとどうなるだろうか。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]