logo

フォトレポート:「アポロ11号」の月面着陸--宇宙飛行士が見た風景と月の石 - 12/25

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年08月12日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「壮大なる荒地」というのが、Aldrin氏が月面の風景をひとことで表すのに使った言葉だ。「月面の陰になっている部分の深い暗さと、それ以外の部分の砂漠のような荒涼とした景色とのコントラストが非常に印象的だった。月面はくすんだ灰色から淡い黄褐色で、目が覚めるようなある光景を除いては一面同じだった。その光景とは、黒、銀色、明るい橙黄色の熱被覆を施されたわれわれの月着陸船が明るく輝く姿だった」

 「壮大なる荒地」というのが、Aldrin氏が月面の風景をひとことで表すのに使った言葉だ。「月面の陰になっている部分の深い暗さと、それ以外の部分の砂漠のような荒涼とした景色とのコントラストが非常に印象的だった。月面はくすんだ灰色から淡い黄褐色で、目が覚めるようなある光景を除いては一面同じだった。その光景とは、黒、銀色、明るい橙黄色の熱被覆を施されたわれわれの月着陸船が明るく輝く姿だった」

提供:NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]