logo

フォトレポート:「アポロ11号」の月面着陸--宇宙飛行士が見た風景と月の石

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年08月12日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米国時間7月20日、人類初の月面着陸から40周年を迎えた。ここでは、月面に着陸した「アポロ11号」の乗組員が見たもの、持ち帰ったもの、置いてきたものを写真で紹介する。

 1969年7月に「Apollo 11号」の宇宙飛行士たちが月に行った時、ある意味で、異国の土地を訪れた普通の観光客によく似た行動をとったといえる。景色に感嘆し、たくさんの写真を撮り、お土産を持ち帰ったのだから。
 
 この写真は、Apollo 11号の宇宙飛行士たち、Neil Armstrong氏(船長)、Buzz Aldrin氏(月着陸船操縦士)、およびMichael Collins氏(司令船操縦士)が米国時間7月21日に帰還の航行を始めた時に間近で撮影した満月の姿だ。

 米国時間7月20日、人類初の月面着陸から40周年を迎えた。ここでは、月面に着陸した「アポロ11号」の乗組員が見たもの、持ち帰ったもの、置いてきたものを写真で紹介する。

 1969年7月に「Apollo 11号」の宇宙飛行士たちが月に行った時、ある意味で、異国の土地を訪れた普通の観光客によく似た行動をとったといえる。景色に感嘆し、たくさんの写真を撮り、お土産を持ち帰ったのだから。

 この写真は、Apollo 11号の宇宙飛行士たち、Neil Armstrong氏(船長)、Buzz Aldrin氏(月着陸船操縦士)、およびMichael Collins氏(司令船操縦士)が米国時間7月21日に帰還の航行を始めた時に間近で撮影した満月の姿だ。

提供:NASA

 米国時間7月20日、人類初の月面着陸から40周年を迎えた。ここでは、月面に着陸した「アポロ11号」の乗組員が見たもの、持ち帰ったもの、置いてきたものを写真で紹介する。  1969年7月に「Apollo 11号」の宇宙飛行士たちが月に行った時、ある意味で、異国の土地を訪れた普通の観光客によく似た行動をとったといえる。景色に感嘆し、たくさんの写真を撮り、お土産を持ち帰ったのだから。  この写真は、Apollo 11号の宇宙飛行士たち、Neil Armstrong氏(船長)、Buzz Aldrin氏(月着陸船操縦士)、およびMichael Collins氏(司令船操縦士)が米国時間7月21日に帰還の航行を始めた時に間近で撮影した満月の姿だ。

-PR-企画特集