logo

フォトレポート:「アポロ11号」の月面着陸--宇宙飛行士が見た風景と月の石 - 8/25

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年08月12日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 月着陸船の近くにあった名前の付けられていないクレーター。ここでも、手前に見える物体は35mmのステレオクローズアップカメラ。Aldrin氏は次のように語った。「(われわれが)月面に着陸すると、すぐにちりが収まって、月着陸船を取り囲むすばらしい眺望が目に入った。クレーターの表面が見えた。大きなものは15フィート(約4.57m)、20フィート(約6.10m)、30フィート(約9.14m)まで、小さなものは直径1フィート(約30cm)まで、多数のクレーターであばたのようだった。当然ながら、月面は非常にきめの細かい表面だった。驚くほど多くのさまざまな大きさの岩石があった」

 月着陸船の近くにあった名前の付けられていないクレーター。ここでも、手前に見える物体は35mmのステレオクローズアップカメラ。Aldrin氏は次のように語った。「(われわれが)月面に着陸すると、すぐにちりが収まって、月着陸船を取り囲むすばらしい眺望が目に入った。クレーターの表面が見えた。大きなものは15フィート(約4.57m)、20フィート(約6.10m)、30フィート(約9.14m)まで、小さなものは直径1フィート(約30cm)まで、多数のクレーターであばたのようだった。当然ながら、月面は非常にきめの細かい表面だった。驚くほど多くのさまざまな大きさの岩石があった」

提供:NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]