logo

総務省が2009年版の情報通信白書を公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は7月10日、2009年版の「情報通信に関する現状報告(情報通信白書)」を公表した。

 情報通信白書は、日本における情報通信の現状や実態を調査・分析し、まとめた統計資料。総務省が毎年作成している。2009年版では、市場や政策の最新動向を扱う従来どおりの形態の報告書に加え、特集テーマを扱った報告書の2部構成に内容が刷新された。

 2009年版では「日本復活になぜ情報通信が必要なのか」を特集。情報通信と成長を結ぶ経路を整理し、世界経済の変動と日本の情報通信の現状を評価している。それとともに情報通信による日本復活に向けた具体策を提示するなど、世界的な経済危機において、情報通信政策がいかに日本再生に貢献できるのかが分析されている。

 また、2009年版では、一般から公募した表紙絵やコラムなどを掲載するなど、国が発行する白書では初の「読者参加型」としたほか、出典や参考文献などのURLを記載するなど、内容が大幅に刷新されている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]