フォトレポート:ピクサー最新作「カールじいさんの空飛ぶ家」の世界

文:Daniel Terdiman(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2009年06月05日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Pixarの最新映画「カールじいさんの空飛ぶ家(原題:Up)」では、1万個以上の風船をどのように相互作用させながらアニメーション化するかが課題となった。同スタジオの長編映画としては10作目となるこの映画では、風船の動きにリアルさが求められた。つまり、1つの風船が別の風船にぶつかれば、その別の風船で動きが生じることを再現する必要があった。

 さらに、この相互依存性は、束になった1万個の風船すべてで発生させる必要があった。同スタジオは、風船を手描きでアニメーション化することはもちろん、従来のコンピュータアニメーションの手法を使うこともしなかった。その代わりにPixarのアニメーションとコンピュータの専門家は、希望する動きを可能にするプロシージャルアニメーション技術を作りあげた。
Scroll Right Scroll Left

 Pixarの最新映画「カールじいさんの空飛ぶ家(原題:Up)」では、1万個以上の風船をどのように相互作用させながらアニメーション化するかが課題となった。同スタジオの長編映画としては10作目となるこの映画では、風船の動きにリアルさが求められた。つまり、1つの風船が別の風船にぶつかれば、その別の風船で動きが生じることを再現する必要があった。

 さらに、この相互依存性は、束になった1万個の風船すべてで発生させる必要があった。同スタジオは、風船を手描きでアニメーション化することはもちろん、従来のコンピュータアニメーションの手法を使うこともしなかった。その代わりにPixarのアニメーションとコンピュータの専門家は、希望する動きを可能にするプロシージャルアニメーション技術を作りあげた。

提供:Disney/Pixar Animation Studios

 Pixarの最新映画「カールじいさんの空飛ぶ家(原題:Up)」では、1万個以上の風船をどのように相互作用させながらアニメーション化するかが課題となった。同スタジオの長編映画としては10作目となるこの映画では、風船の動きにリアルさが求められた。つまり、1つの風船が別の風船にぶつかれば、その別の風船で動きが生じることを再現する必要があった。  さらに、この相互依存性は、束になった1万個の風船すべてで発生させる必要があった。同スタジオは、風船を手描きでアニメーション化することはもちろん、従来のコンピュータアニメーションの手法を使うこともしなかった。その代わりにPixarのアニメーションとコンピュータの専門家は、希望する動きを可能にするプロシージャルアニメーション技術を作りあげた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加