デジカメ「EXILIM」がEye-Fiカードに対応、自動転送の制御も可能に---アイファイジャパン

坂本純子(編集部)2009年04月17日 17時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイファイジャパンは4月17日、デジタルカメラ専用SD型無線LANカード「Eye-Fiカード」が、カシオ計算機のデジタルカメラ「EXILIM」の新モデル5機種に対応したことを明らかにした。

 対応モデルは、「EX-Z400」「EX-Z1」「EX-S12」「EX-FC100」「EX-FS10」の5機種。

 今回の対応モデルには、これまでのEye-Fiカード対応デジタルカメラにはなかった機能が搭載されているという。

 まずEye-Fiカードをスロットに差し込み、カメラ側が識別すると、ディスプレイにカードの動きを示すアイコンが表示され、リアルタイムに動作を確認できる。

 また、通常は自動的に画像をアップロードするが、今回のEXILIMではカメラのメニューからEye-FiカードのON/OFFが可能で、利用シーンに応じて制御できる。さらに「APO」(オートパワーオフ)機能も抑止する。これにより転送中にデジタルカメラの電源が落ちて途中で転送が止まる心配がなくなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加