グーグル、iPhoneとAndroid向け「Gmail」の新ウェブアプリ版を公開

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2009年04月08日 07時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、iPhoneおよびAndroidを搭載する携帯電話ユーザーに向けて、より速やかなメッセージへのアクセスを提供し、インターネットに接続していない状態でも電子メールを読むことを可能にする、電子メールサービス「Gmail」の新たなウェブベースの洗練されたバージョンを、正式にリリースした。

 Googleは、先週の「Web 2.0 Expo」において、Gmailの新ウェブアプリケーションのデモンストレーション公開を行ったが、米国時間4月7日に、「Google Mobile」の公式ブログ上で、提供開始をアナウンスしている。Google MobileのエンジニアであるJoanne McKinley氏は、「電子メールを開いたり、各種操作や検索を実行したりする時、ウェブアプリケーションのGmailが、非常に高速であることに気づくだろう。また、たとえデータ通信ネットワークが落ちている状況でも(中略)、引き続き、不安定であったり、接続が確立されていなかったりするネットワーク環境にて、メッセージを読んだり、新しいメールを書いたりすることが可能になる」と語った。

ウェブアプリケーションの新機能

 新たなウェブアプリケーション版のGmailは、広告が表示される通常のバージョンほどではないものの、これまでのバージョンよりは、かなり凝った仕上がりになっている。以下は新機能の紹介である。

  • 複数のメッセージを同時に選択し、保存、削除、既読や未読、迷惑メールなどのラベル設定が行えるようになっている。
  • メッセージの表示中や、選択したメッセージを受信ボックスでスクロール表示中に、ツールバーが浮かび上がるようになっており、ページの最上部または最下部まで移動しなくても、さまざまな操作が実行可能である。
  • 過去のメッセージへとスムーズにアクセスできるように、スクリーン最上部には検索ボタンが表示される。以前まで検索ボタンは、受信ボックスの最下部にしか埋め込まれていなかった。

 しかしながら、オフラインのデータアクセスが、ウェブアプリケーション版で最大の特長となるだろう。まだ現在も開発中である「HTML 5」技術標準を利用して、携帯電話上に電子メールメッセージが保存されるようになっており、Androidの場合は、Googleの「Gears」プラグインソフトウェアが活用されている。

各ウェブアプリケーション版のGmailの画像 提供:Google

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加