グーグル、モバイル向け「Gmail」のウェブアプリ版を披露

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、矢倉美登里、高森郁哉2009年04月06日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE サンフランシスコ発--Googleは、5年前のPC用ブラウザに「Gmail」を導入して実現したことを、モバイル向けのウェブメールサービスで再現しようとしている。

 Googleのエンジニアリング担当バイスプレジデントで、モバイルアプリケーションとデベロッパーエバンジェリズムを率いるVic Gundotra氏は米国時間4月3日、「Web 2.0 Expo」の壇上インタビューにおいて、このウェブアプリケーションの「テクニカルプロトタイプ」を披露した。Googleは現在、「BlackBerry」や「Android」搭載携帯電話といった端末上で稼働するGmailアプリケーションを提供しているが、ウェブベースのバージョンも提供する高い目標を持っているのは明らかだ。

 携帯電話においてブラウザの洗練とインターネット接続の向上が進む中、ウェブ用のインターフェースを構築することは、Googleがより多くの電話により容易に到達可能になることを意味する、とGundotra氏は述べた。「あらゆる携帯電話で利用できるアプリケーションを作れたらどうなるか、想像してみるといい」(Gundotra氏)

テクニカルプロトタイプ 提供:Stephen Shankland/CNET

 2009年2月の似たようなデモで行ったように、Gundotra氏はiPhoneとAndroid搭載端末で稼働するバージョンを披露した。Android端末の方は、どうやら「HTC Magic」のようだった。

 このソフトウェアは、ウェブサイトの設計を支える技術標準「HTML 5」(現在も開発中)の機能を利用している。具体的には、オフラインのデータアクセスを利用するもので、インターネットに接続していない状態でも電子メールを読むことが可能になる。

 Gundotra氏は、「当社がこれを広く公開するとき、一般ユーザーが初めて目にするHTML 5対応モバイルアプリケーションとなるだろう」と述べたが、公開を予定している時期については言及を避けた。「2004年のGmailと同じような出来事になるだろう。当時のGmailは、AJAXアプリケーションにとって重大な分岐点だった」(Gundotra氏)。GmailはJavaScriptを利用して、ブラウザベースのインターフェースの洗練度を高めている。

 Vic Gundotra氏 Vic Gundotra氏
提供:Stephen Shankland/CNET

 モバイル向けGmailアプリケーションでも、受信ボックスの最上部には常にツールバーが浮かんでおり、メッセージの削除や保存を実行するボタンや、他のオプションを呼び出すメニューに、いつでもアクセス可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加