logo

グーグル、オンラインショッピング技術の新興企業Pixazzaに出資

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年03月25日 17時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがベンチャー企業のPixazzaへの575万ドルの投資ラウンドに参加する。Pixazzaは、ウェブサイト上の写真から、そこに写っている製品の購入ページにリンクを貼れるサービスを提供することで、収益を得ようとしている。

 カリフォルニア州マウンテンビューを拠点とするPixazzaの最高経営責任者(CEO)Bob Lisbonne氏によると、同社は広告主やウェブサイトパブリッシャー、写真に写っている製品を識別できる専門家たちに向けて、 ウェブ画像をクリック可能なコンテンツに作り変えられる「Product in the Picture」サービスを開始したという。ここでいう製品を識別できる専門家たちは、自薦だがスクリーニングされているという。まずはアパレル業界向けに開始し、2009年内に、家具、インテリア、旅行、電気製品、スポーツなどの分野に拡大する計画だ。

Pixazzaのスクリーンショット
提供:Stephen Shankland/CNET

 Lisbonne氏は、Pixazzaの技術をGoogle「AdSense」の写真バージョンとたとえる。AdSenseは、パブリッシャーのウェブサイトにあるテキストを分析して、関連があると思われる広告を表示するサービス。多くのパブリッシャーがAdSenseを利用して、広告営業担当を雇い入れることなく、自社ウェブサイトで収入を生み出している。

 AdSenseとの類似性を考慮すると、出資企業を探すPixazzaにGoogleが応じたのは驚きではないだろう。TechCrunchが先日「Google Ventures」というネームバッチを付けたGoogleの従業員を発見したと報じているが、Pixazzaへの投資がこのプロジェクトに関連しているかはわからない。GoogleはGoogle Venturesについて慎重な姿勢をとっており、広報担当のAndrew Pederso氏は、「わが社で進めているプロジェクトだ。だが、現時点では詳細な情報は公開できない」と述べている。

 Pixazzaによると、最新の投資ラウンドにはGoogle以外にも、August Capital、CMEA Capitalなどが参加しているという。個人投資家としては、著名なエンジェル投資家Ron Conway氏、元eBayの最高執行責任者(COO)Maynard Webb氏、Facebookの最高財務責任者(CFO)Gideon Yu氏が名を連ねていると同社は述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集