logo

PalmとSprint、「Palm Pre」の概要を正式発表

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2009年03月13日 08時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PalmおよびSprintは、発売が迫る「Palm Pre」に関するウェブキャストを、米国時間3月12日に実施したものの、Palmの復活への期待という、すでに知られている範囲の情報以外には、それほど新たな情報が提供されることはなかった。

 両社は、個人プランと家族プランの両方で、(無制限の通話およびデータ通信が利用できる)Sprintの「Everything」料金プランが、Palm Pre向けに提供されることを明確にしたものの、最も期待されていた、Palm Preの発売日と価格という2点の詳細発表が行われることはなかった。Palmは、これまでと同様に、Palm Preの発売は、2009年の前半にスタートすると述べるにとどまり、奇しくも、Appleが来週プレビューを公開予定の「iPhone 3.0」ソフトウェアのリリースと、真っ向から対決することにもなりそうである。

 小さな発表ではあるものの、(Palm Preに関する)以下のような新情報も、いくらか明らかにされている。PalmのMatt Crowley氏と、SprintのDavid Owens氏は、Palm Preのバッテリは、ユーザーが自由に交換可能なタイプになっていることなど、Appleとは異なるアプローチを強調し、PalmとSprintが、iPhoneに対抗する姿勢であることが明確になった。また、Palmは、AppleがiPhoneの開発者向けに提供しているような、開発者コミュニティへの早期のアプローチを計画しており、まずは、最初に提供される「WebOS 1.0」上で、ライトなウェブベースの「カジュアルゲーム」の構築環境を、開発者向けに整えるほか、将来のWebOSのバージョンアップでは、より強力な改良もなされる予定であることを明らかにした。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集