logo

米ヤフー、携帯電話向け新スタートページを発表--新iPhone用アプリケーションもリリースへ

文:Josh Lowensohn(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2009年02月18日 06時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooは米国時間2月17日、バルセロナで開催のGSMA Mobile World Congressにおいて、モバイルサービス分野の再編および改良点を発表した

 同社は3月末より、携帯電話向けのウェブスタートページの新たなテスト版の提供を開始するほか、さまざまなYahooのモバイルサービスを、1つのアプリケーションに統合した、スマートフォン向けの新アプリケーションのリリースを予定している。

 Appleの「iPhone」および他のスマートフォン向けのアプリケーション上では、ウェブの検索、ウェブメールアカウントのチェック、ウィジェット化されたデータとの統合が図られている。3月末のリリースが予定されているiPhone用アプリケーションでは、これまで提供されていた「OneConnect」のトップページ上で、「OneSearch」および「OnePlace」サービスが同時に利用可能となる。

 スマートフォンユーザーは、5月末にリリース予定の新アプリケーションで、音声検索や「Opera Mini」ブラウザとの統合という、さらなるメリットを楽しめる。

 今回の発表は、これまで数年に渡り、携帯電話ユーザー向けには、あまり連携性の高くない、さまざまなタスクを実行できる複数のアプリケーションをリリースし、セグメント化を維持してきたYahooにとって、大きな転換点となる。たとえば、同社は、OneConnectのiPhone版をリリースしたものの、他のモバイルサービスに関しては、iPhone用アプリケーションがリリースされることはなかった。

 同じく、他のスマートフォン上でも、ユーザーは利用可能な全サービスへとアクセスするために、複数の異なるアプリケーションをインストールしなければならなかった。しかしながら、3月より提供が開始されるバージョンでは、全サービスが、すべて1カ所に統合されている。

 とはいえ、Googleの「Android」向けアプリケーションのみは、この提供対象予定から省かれている。この件に関して、Yahooからのコメントを入手できたと伝えるSearchEngineLandによれば、確かにAndroid用アプリケーションも開発中ではあるものの、おそらく他のスマートフォン向けアプリケーションのリリース後、2009年「後半に」リリースされる予定であるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集