グーグル、「iGoogle」にテーマ作成機能を追加へ

文:Josh Lowensohn(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年01月16日 14時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 他人の作った「iGoogle」テーマから選択するのに飽きてしまったユーザーは、もうすぐテーマを自作できるようになる。

 新たなツールは、今後数時間かけてすべてのiGoogleユーザーに対して利用可能になる予定。このツールは、ユーザーのデスクトップからエディタに画像をアップロードし、iGoogleのヘッダースペースに収まるよう画像のトリミングが可能となる。iGoogleページのカラーを変更できる、カラー選択機能もある。

 全般的に、このツールは「Blogger」のテーマエディタと非常に似ているようだ。自作したテーマは、公開や共有が可能で、Googleのパブリックディレクトリに公開されたテーマは、他のユーザーが自身のiGoogleページで利用可能になる予定である。

 同様のツールが2009年中に「Gmail」でも導入される見込みである。一方で、GoogleのRSSリーダー「Google Reader」は現在、iGoogleとデザインにおいて多くの類似点があることから、同サービスへ最初に導入される可能性もある。

 ユーザーがiGoogleテーマを作成するには、これまでGoogleのAPIを利用してiGoogleのテーマを作成し、デザインギャラリーにそのテーマを送ることしかできなった。この新たなツールはまた、「igThemer」のようなサードパーティーのオンラインツールに取って代わることになる。igThemerを利用することで、テクノロジに詳しくない人々はブラウザ内からiGoogleに対応したテーマを作成することができる。

 アップロードされた画像はトップヘッダーに表示される。一方で、ユーザーはヘッダーテキストやテーマウィジェットのトップに自身の好みの色を選択できる。
提供:Google

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加