プラズマテレビが厚み8.8mm--パナソニック、CESで新50V型テレビを公開

永井美智子(編集部)2009年01月08日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月8日、厚み8.8mmの50V型フルハイビジョン(HD)プラズマテレビと、消費電力が従来製品の3分の1という42型のフルHDプラズマテレビを発表した。

 パナソニックは、新たに開発した発光効率を3倍に高める高効率化技術を使うことで部品点数を削減するとともに、部品を小型化、高集積化することで、厚み8.8mmを実現した。プラズマテレビで世界最薄にになるという。

 また、蛍光体など電子発生源の新材料と、映像の動きに応じて発光を制御する超高速駆動技術を新たに開発し、世界最高となるフル動画解像度1080本を実現したとのこと。これまでのパナソニックのフルHDプラズマテレビの解像度は900本超だった。この新技術により、フルハイビジョンの高画質な動画映像をより忠実かつ高精細に再現できるとしている。

厚み8.8mmの50V型フルハイビジョンプラズマテレビ パナソニックが開発した、厚み8.8mmの50V型フルHDプラズマテレビ

 42V型フルHDプラズマテレビPDPは、放電効率を従来に比べて3倍に高める新放電ガスや蛍光体、電子源を多く発生させる新材料と、放電領域を拡大させる新セル構造、電力ロスを3分の1に減らす新省電力駆動方式を採用した。これにより、従来製品と同等の輝度を維持しながら、発光効率を3倍に高める事に成功。消費電力を3分の1にできたという。

消費電力が3分の1となる42V型フルHDプラズマテレビ 消費電力が3分の1となる42V型フルHDプラズマテレビ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加