フォトレポート:時代を振り返る--Windowsの進化の歴史、1.0から7まで - 2/10

文:Tim Ferguson 翻訳校正:石橋啓一郎2008年12月26日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 以下の図で分かるとおり、16ビット版だったWindows 1.0は、タイル状に配置されたウィンドウとグラフィカルインターフェースを備えていた。これは、以前のPC用のOSから見ると大きな変化であり、過去のMS-DOSなどのOSではコマンドプロンプトが使われていた。

 もう1つの新しい機能は、ユーザーが複数のアプリケーションを同時に実行できるというものだった。実行できるアプリケーションには、MS-DOSのファイル管理プログラム、カレンダー、電卓、時計、ノートパッドが含まれていた。
Scroll Right Scroll Left

 以下の図で分かるとおり、16ビット版だったWindows 1.0は、タイル状に配置されたウィンドウとグラフィカルインターフェースを備えていた。これは、以前のPC用のOSから見ると大きな変化であり、過去のMS-DOSなどのOSではコマンドプロンプトが使われていた。

 もう1つの新しい機能は、ユーザーが複数のアプリケーションを同時に実行できるというものだった。実行できるアプリケーションには、MS-DOSのファイル管理プログラム、カレンダー、電卓、時計、ノートパッドが含まれていた。

提供:Microsoft

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]