logo

フォトレポート:時代を振り返る--Windowsの進化の歴史、1.0から7まで

文:Tim Ferguson 翻訳校正:石橋啓一郎2008年12月26日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Microsoft Windowsが登場してから20年以上経った。好むと好まざるとに関わらず、Windowsは世界でもっとも普及しているデスクトップ用オペレーティングシステムだ。

 「Windows 1.0」という適切な名前が付けられたWinodowsの最初のバージョン(以下のような箱に収められていた)が発売されたのは1985年だ。これによってユーザーは、ビットマップグラフィックスとマウスを使ってPCとやりとりすることができるようになった。
Scroll Right Scroll Left

 Microsoft Windowsが登場してから20年以上経った。好むと好まざるとに関わらず、Windowsは世界でもっとも普及しているデスクトップ用オペレーティングシステムだ。

 「Windows 1.0」という適切な名前が付けられたWinodowsの最初のバージョン(以下のような箱に収められていた)が発売されたのは1985年だ。これによってユーザーは、ビットマップグラフィックスとマウスを使ってPCとやりとりすることができるようになった。

提供:Microsoft

 Microsoft Windowsが登場してから20年以上経った。好むと好まざるとに関わらず、Windowsは世界でもっとも普及しているデスクトップ用オペレーティングシステムだ。  「Windows 1.0」という適切な名前が付けられたWinodowsの最初のバージョン(以下のような箱に収められていた)が発売されたのは1985年だ。これによってユーザーは、ビットマップグラフィックスとマウスを使ってPCとやりとりすることができるようになった。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]