logo

赤外線はもう古い!究極の中国Bluetoothケータイ - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

充電と収納を一気に解決!「納星 788+」

 納星、と聞いたこともないメーカーの788+はパッケージ写真に大きくBleutoothヘッドセットが写っており、ケータイに付属していることがわかる。中国語で「ドイツの技術!」と謳っているあたり、精密で精度の高い製品であることをアピールしているのだろうか。もちろんこれは「書いてあるだけ」である(笑)。ケータイそのものは中国ではごくフツーのストレート形状、デュアルSIMカード、タッチパネルのどこにでもある製品だ。Bluetoothヘッドセットがおまけについてくることだけがウリなんだろうか?

 さっそくパッケージを開けてみよう。箱の中には788+本体や充電器、電池などが入っている。しかしBluetoothヘッドセットはどこにも見当たらない?普通の有線ヘッドセットが入っているだけだ。もしやパッケージにだまされてしまったのか?ちくしょー、金返せ!と泣きながらとりあえず本体を取り出して動作チェックだけでもしてみることにした。

納星 788+のパッケージ。「徳国科技」=ドイツの技術!だそうだ。Bluetoothヘッドセットが付属する 納星 788+のパッケージ。「徳国科技」=ドイツの技術!だそうだ。Bluetoothヘッドセットが付属する(※画像をクリックすると拡大します)
パッケージを開けてみる。あれ?Bluetoothヘッドセットが見当たらない パッケージを開けてみる。あれ?Bluetoothヘッドセットが見当たらない(※画像をクリックすると拡大します)
本体はごくフツーの中国ケータイだ。なんの特徴もないように見える 本体はごくフツーの中国ケータイだ。なんの特徴もないように見える(※画像をクリックすると拡大します)

Bluetoothヘッドセットが本体に入っちゃう!

 背面を見ると電池カバーがある。これを外して電池を入れようと思ったところ、その下に「Storage Box」という表記がある。ここに何かモノを入れるの?なんだろうなぁと思ってあけてみると!なんとBluetoothヘッドセットが内蔵されているではないか!こりゃ驚いた!

背面の下に「STORAGE BOX」の表記。これは何だ? 背面の下に「STORAGE BOX」の表記。これは何だ?(※画像をクリックすると拡大します)
あけてみると、Bluetoothヘッドセットが入っている! あけてみると、Bluetoothヘッドセットが入っている!(※画像をクリックすると拡大します)
デザインはケータイ本体にあわせているようだ デザインはケータイ本体にあわせているようだ(※画像をクリックすると拡大します)

 小さくてなくしやすいBluetoothヘッドセットも、使わないときなどは本体に収納して保管しておくことができるというわけだ。しかーも!本体に入れたままヘッドセットの充電もできてしまうというではないか。すなわちケータイを充電すればヘッドセットもそのまま充電できちゃうわけで、朝、家を出ようと思ったら「Bluetoothヘッドセットを忘れたー!」とか「ケータイ充電したのにヘッドセット充電してないぃー!」なんてことはこの788+を使う限りありえないわけだ。

 またBluetoothはペアリング操作が必要だが、788+ではヘッドセットの電源をいれるだけで自動的にペアリングされるという。使い勝手も非常によいようだ。ちなみにこの788+はもう1年以上前の製品である。そんな前からこっそりとこんなケータイが中国では売られていたというわけだ。

耳に装着する部分は回転させることで収縮する。普段から耳にはめるもよし、必要なときだけ耳に装着してもよしだ 耳に装着する部分は回転させることで収縮する。普段から耳にはめるもよし、必要なときだけ耳に装着してもよしだ(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]