logo

アマゾンのウェブデータベースサービス「SimpleDB」、公開ベータテストへ

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、小林理子2008年12月02日 10時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブサイト構築といったコンピューティングに利用できるAmazon.comのオンラインサービスシリーズの1つ「SimpleDB」が、限定ベータテストから公開ベータテストになった。

 プログラマーはSimpleDBを使うと、データベースのレコードをAmazonに蓄積しそこから特定のデータを引き出せる。今回の公開ベータテストへの移行にともない、Amazon.comはデータ保存にかかる1Gバイトあたりの料金を月額を1.50ドルから20セントへと値下げした。

 1年近くまえに発表されたSimpleDBは、「Amazon Web Services」(AWS)シリーズでは新参の方だ。AWSのほかのサービスではデータ処理、生データの保存、コンテンツの配信、さまざまなコンピュータ間で送信されるメッセージの保存が行える。

 Amazon.comは今回、少なくとも公開ベータから6カ月間は基本的な利用が無料になることも発表した。同社がWebサービスでこのようなやり方をとるのは初めてのことだ。データ送信やコンピュータ処理などでさまざまに設定されている限度枠を超えると、使用量に応じて支払いが生じるようになる。

 AWSのエバンジェリストであるJeff Barr氏は米国時間12月1日付のブログで次のように述べている。「SimpleDBでは、これまでよりもさらにシンプルな路線をとることにした。これからはまず無料で始められる。少なくともこれから6カ月間は、保存容量は最大500Mバイトまで利用でき、機械時間は毎月25時間まで使える。データ転送は入力が1Gバイトまで、出力は別に1Gバイトまで行える」

 Amazon.comによると、SimpleDBを利用しているところには、PluriboIssuuMyMiniLifeなどがあるという。

 SimpleDBをより使いやすくするため、現在データベースで幅広く使われているSQLに似た新しいインターフェースを発表する計画だと、Amazon.comは話している。同社はまた、複数アイテムのアップロードがより簡単になる仕組みも計画している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集