携帯電話の請求書に関する調査--携帯料金の明細書にみる携帯市場の今後

Webマーケティングガイド2008年10月24日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、携帯電話の請求書に関する調査を行った。

≪調査結果サマリー≫

  • 携帯電話の請求書、66%が郵送。ウェブ明細は22%に止まる。
  • 約80%のユーザーは毎月の請求書を確認する。
  • 郵送に比べウェブ明細は確認率が7ポイント程度低い傾向にある。
  • 80%以上のユーザーは料金プランの見直しを考えたことがある。

 調査対象者は、15歳から49歳のモバイルユーザー345人。男女比は、男性:50.1%、女性:49.9%。キャリア比は、Docomo:52.8% 、EZweb:35.9%、 Softbank:11.3%。

【Q1】携帯の請求書における形式

 Q1では、携帯電話料金を毎月どのような形で確認しているかを尋ねた。その結果、「郵送で書類が届く」と回答したユーザーが最も多く66.7%、次いで「インターネット上で確認」の22.0%、そして「自分の手元には届かない」の9.6%が続く結果となった。各キャリアとも、請求書を郵送ではなくウェブ上で確認すると100円程度の割引を行っているのだが、全体でみるとウェブを使っているユーザーはまだまだ一部のようだ。

携帯電話料金を毎月どのような形で確認しているか。

【Q2-1】請求書の確認状況

 Q2では、携帯電話の請求書を毎月確認しているかどうかを尋ねた。その結果、60.5%が「必ず確認する」と回答し、「だいたい確認する」が21.4%、「あまり確認しない」は13.3%、そして「全く確認しない」は4.9%という結果となった。携帯電話の請求書に関しては、80%以上とほとんどのユーザー(「必ず確認する」と「だいたい確認する」の合計)が毎月確認を行っているという結果となった。

携帯電話の請求書を毎月確認しているか。

【Q2-2】請求書の確認状況(年代別)

 Q2-2では、請求書の確認状況を年代別に分析した。その結果、20代以上のユーザーにおいては80%以上が「確認する」(「必ず確認する」と「だいたい確認する」の合計)と回答しているものの、10代に関してはその割合は60%未満へと大幅に減少する。これに関しては、10代の携帯電話利用者には自分自身ではなく両親が支払いをしているケースが多いことが影響しているのではないかと考えられる。

請求書の確認状況(年代別)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加