logo

伊藤忠とスカイプが提携--ファミリーマートでSkypeのプリペイドクーポンを購入可能に

岩本有平(編集部)2008年10月20日 20時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠商事とメッセンジャーソフト「Skype」を提供するSkype Technologies S.A.(Skype)は10月20日、業務提携を発表した。提携の第1弾として、全国展開するコンビニエンスストア「ファミリーマート」でSkypeのプリペイドクーポン「Skypeクレジット」を販売する。

 Skypeはインスタントメッセンジャーやビデオチャット、音声チャットなどを無償で提供するソフトウェア。無償サービスのほかにも固定電話や携帯電話へ発信する「SkypeOut」、050で始まるIP電話の番号を取得し、固定電話や携帯電話からの着信をうけられる「SkypeIn」(国内ではフュージョン・コミュニケーションズと提携して提供)のほか、留守番電話機能である「Skypeボイスメール」を有償で提供する。

 有償サービスを利用するには「Skypeクレジット」と呼ばれるポイントが必要だが、これまで国内でのポイント購入はクレジットカード決済のみに対応となっていた。

 今回の提携により、同日よりファミリーマートに設置するマルチメディア端末「Famiポート」にてプリペイド型クーポンを販売する。クーポンは500円、1000円、2000円、3000円、5000円の5種類を用意。3000円と5000円のクーポンについては5枚セットでも提供する。クーポン購入後は、発行される通知証に記載されたプリペイド番号をSkypeのウェブサイトにて入力し、クーポンを有効化する必要がある。

-PR-企画特集