ASUS、Eee Boxに続きEee PC 701SD-Xでもウイルス混入、回収へ

坂本純子(編集部)2008年10月14日 17時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASUSTeKは10月14日、9月20日より販売した「Eee PC 701 SD-X」に同梱する30Gバイトの外付けハードディスクドライブの一部で、ウイルスが混入していたことを明らかにした。

 トレンドマイクロのウイルス対策ソフトで「TROJ_GAMETHIE.RZ」と検出されるトロイの木馬型ウイルスで、オンラインゲームのパスワード情報を盗み取るという。ASUSでは、外付けハードディスクドライブを接続した状態でオンラインゲームをしないよう注意を促している。

 Eee PC 701 SD-Xの出荷台数は累計2万台で、販売済み台数は不明という。すでに10月14日より販売を一時停止しており、11月上旬をめどに販売を再開する見込み。

 購入者を対象に、外付けハードディスクドライブを無償で回収・交換する。交換品にはシマンテック製「ノートン・アンチウイルス・2009 60日無料体験版」をプレインストールし、10月17日より順次発送を開始するとしている。

 なお、ウイルス混入は製造時に発生したもので、Eee PC 701SD-X本体とハードディスクは別工場で作られていることから、本体にウイルスは混入していないという。

 同社では、今月に入って10月2日より発売を開始したミニパソコン「Eee Box」(Eee Box B202とEee Box B202+液晶ディスプレイセット)にウイルス感染していたことが判明したばかり。Eee Boxは4500台を出荷し、販売済み台数は300台と発表した。

 今回のウイルスは、Eee Boxでのウイルス感染を受けて、再発防止のために出荷予定の全製品に対し最新定義ファイルを使いウイルスチェックをしたところ、発覚したものだという。出荷予定の外付けハードディスクドライブ1000台の検査をし、うち20台でウイルス感染が判明したという。

 製品の交換や問い合わせは「ASUSサポートセンター」で受け付ける。問い合わせ先は下記のとおり。

サポートセンター受付番号: 0800-123-2787(通話料無料)
※携帯電話やPHSの場合:047-390-5630
インターネットによるお問い合わせフォーム:http://vip.asus.com/eservice/techserv.aspx
受付時間:平日9時から18時/土日:10時から17時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加