logo

フォトレポート:時代を振り返る--ビンテージPCコレクション(1980〜1983年) - 9/22

文:TechRepublic Staff
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年10月14日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Commodore VIC-20:「VIC-20」は、300ドル以下で手に入る、初の比較的低価格なカラーコンピュータだった。1行にたった22文字しか表示できないため、ビジネスアプリケーションの使用は最小限だが、色の表示がきれいで、ジョイスティックポートがあり、低価格だったことから、ゲーム用として人気を博した。

 また、VIC-20はApple IIが発売台数100万台を記録するわずか数カ月前に、初めて100万台以上を売り上げたコンピュータであり、VIC-20の生産台数は1日当たり9000台で、売上高は3億500万ドルに達した。VIC-20の価格は最終的に100ドル以下になり、これはカラーコンピュータとして初めてのことだった。

 Commodore VIC-20:「VIC-20」は、300ドル以下で手に入る、初の比較的低価格なカラーコンピュータだった。1行にたった22文字しか表示できないため、ビジネスアプリケーションの使用は最小限だが、色の表示がきれいで、ジョイスティックポートがあり、低価格だったことから、ゲーム用として人気を博した。

 また、VIC-20はApple IIが発売台数100万台を記録するわずか数カ月前に、初めて100万台以上を売り上げたコンピュータであり、VIC-20の生産台数は1日当たり9000台で、売上高は3億500万ドルに達した。VIC-20の価格は最終的に100ドル以下になり、これはカラーコンピュータとして初めてのことだった。

提供:Steven Stengel

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]