logo

日本HP、新OS搭載モデルなどシンクライアント2製品を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは10月1日、シンクライアントの新製品2機種を発表した。日本HP直販営業と日本HP販売代理店を通じて10月2日から販売を開始する。「HP t5630 Thin Client」は10月上旬から、「HP t5545 Thin Client」は11月上旬から出荷される。HP t5630 Thin Clientは、「HP Directplusオンラインストア」でも10月中旬以降に販売する予定だ。

 HP t5545 Thin Clientは、2万円台という低価格を実現したコンパクトなデスクトップ型シンクライアント。LinuxをベースしたHP独自の新OS「HP ThinPro」を搭載し、ネットワーク越しにモジュラーアップデートができるなど優れた管理機能を備えるという。

「HP t5545 Thin Client」 「HP t5545 Thin Client」

 従来機の「HP t5135 Thin Client」では非搭載であったターミナルエミュレータ「TeemTalk」を搭載したほか、ブラウザにFireFox3を搭載し、RDP、ICAプロトコルに加え、Windows、Citrix、メインフレーム、UNIXの各サーバや、Webアプリケーションなど幅広く対応する。

 また、利用するアプリケーションや各種設定をあらかじめ設定できるため、不特定多数のユーザーが使用する特定用途向けの専用機(Kiosk端末)としても利用可能だ。

 HP t5630 Thin Clientは、OSにWindows XP Embeddedを搭載するデスクトップ型シンクライアントのスタンダードモデル。Windows XPと共通の操作性を備え、多くのXP対応アプリケーションが動作する。スタンドアローンPCとしても利用可能で、幅広い用途で運用できる。

「HP t5630 Thin Client」 「HP t5630 Thin Client」

 転送データを高速にエンコードする「HP Remote Graphics ソフトウェア」に対応し、動画などの大容量データも高速転送ができる。

 2機種ともに、プロセッサにVIA Eden 1GHz、チップセットにVIA Chrome9 HC3グラフィックスを内蔵するVIA VX800を搭載し、低消費電力ながら高速なパフォーマンスを実現した。また、グラフィックス出力端子としてDVI-D(デジタル)とD-sub(アナログ)の2種類を備え、2画面の同時出力に対応した。

 レガシーデバイスが使用できるシリアル/パラレル、6ポートのUSBなど、充実のインターフェースを備えた。2ポートのUSBはユーザーのみアクセス可能な「セキュアUSBコンパートメント」に収納され、無線LANモジュールやUSBメモリなどを安全に利用できる。

 筐体の表面処理には傷が付きにくい「DuraFinish」を採用。コンパクトサイズの筐体は、別売オプションの「Quick Release」を利用することで、ディスプレイの背面や机の裏側など、さまざまなオフィス環境に合わせて設置できる。

-PR-企画特集