logo

RSS利用者は4人に1人 〜利用者の1割以上が「50個以上」購読

アイシェア rTYPE リサーチ2008年09月22日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員をパネラーとするリサーチ結果を発表した。

 WEBの更新情報や新着内容をひと目で確認できるRSS。対応サイトは急増しているが、実際のところ、どれくらい利用されているのだろうか。20代から40代を中心とするネットユーザー309名の回答を集計した。

 RSSを「利用している」と答えたのは全体の24.9%で、半数近くが「利用していない」と回答。知らない人も26.9%にのぼり、RSSは利用度、認知度ともにまだ低いようだ。利用率を細かく見ると、女性より男性が、また世代が低いほどRSS利用率は高かった。

 RSS利用者77名に利用スタイルを聞いたところ、主に使っているツール(複数回答)は「ブラウザベース」が59.7%でトップ。次いで「WEBサービス」が42.9%、以下「専用アプリ」「メールベース」と続いた。

 購読しているRSSの数は「1〜4個」が最も多く75.3%。「50個以上」という購読者は11.7%だった。また、男性の多くが購読数1〜9個であるのに対し、女性は10〜29個購読している人が多く、少ない回答者数ではあるがRSSの利用には性別での違いが見らるようだ。

 購読しているRSSのジャンルでは「ニュース・メディア」と「ブログ・個人サイト」が突出し、以下「趣味」「スポーツ」「経済」などの購読率はいずれも3割以下だった。性別では「ニュース・メディア」の購読率は男性が高く、「ブログ・個人サイト」では女性が高かった。男性は時事、女性は人に強い関心を持って情報収集していることが伺える。

RSSを利用していますか。

-PR-企画特集