logo

NVIDIA、従業員の約6.5%を削減へ

文:Brooke Crothers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年09月19日 16時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAは、「現在のビジネス状況」に対応して従業員の6.5%を削減する予定だ。

 世界最大級のグラフィックスチップメーカーであるNVIDIAは米国時間9月18日、「戦略的成長分野への投資を継続可能に」するための人員整理を発表した。同社は声明で、「結果として、NVIDIAは世界で約360人、約6.5%の従業員を削減する見込みである」と述べている。

 同社は人員整理に伴い、リストラ関連費用およそ700万〜1000万ドルを2009年度第3四半期(2008年10月26日締め)に計上する見通しだ。同社によると、解雇関連費用を含むこれら税引前費用は、主として営業経費として処理されるという。

 同社で広報を担当するDerek Perez氏によると、同社は以前に決算の電話説明会で「年初に想定していたビジネス展望が劇的に変わった」と説明していたが、この人員整理はそれに関連するものだという。

 同社は、この人員整理を2009年度第3四半期末までに完了させる計画だという。NVIDIAは、対象となる従業員には解雇手当を支給するほか、カウンセリングと再就職の支援を行う予定だと述べている。

 NVIDIAの社長兼最高経営責任者(CEO)であるJen-Hsun Huang氏は声明で、「今回の措置は難しいものだが、現在のビジネス状況を考えるとやむを得ない。人員は削減するが、当社の革新技術である並列計算技術『CUDA』やモバイルシングルチップコンピュータ『Tegra』など高成長が期待できる分野への選択的な投資は継続する」と述べている。

 同社は7月にノートPC向けグラフィックスチップ製品のダイとパッケージ材の問題に関連した保証、修理、返品、交換で1億5000万〜2億ドルの一時費用が見込まれると発表したが、Perez氏によると、それとの関係はまったくないという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集