三洋電機、フルHDプロジェクター「LP-Z3000」を発売--なめらか高画質を追求

加納恵(編集部)2008年09月16日 19時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は9月16日、フルHDパネルを採用したホームプロジェクター「LP-Z3000」(Z3000)を発表した。120Hzの倍速表示に加え、独自の「5:5プルダウンモード」を備えることでなめらかな高画質を追求する。発売は11月28日から。価格は48万3000円となる。

執行役員DSカンパニープロジェクター事業部長の吉年慶一氏 執行役員DSカンパニープロジェクター事業部長の吉年慶一氏

 執行役員DSカンパニープロジェクター事業部長の吉年慶一氏は「業界に先駆け高輝度、高精細製品の開発に取り組んできたが、ここ数年『フルHD対応』が購入条件の1つに加えられてきた。今回のZ3000では、フルHDに対応しつつ、倍速駆動、高コントラスト、静音性に優れたワンランク上のホームプロジェクターとして提供していく」と開発ポイントを語った。

 Z3000は、同社が2002年以降毎年発表しているホームプロジェクター「Z」シリーズの最新モデル。倍速駆動タイプの1920×1080ドット、フルHD液晶パネルを搭載し、残像感を抑えた高画質再生が行えるという。

 加えて業界初となる5:5プルダウンモードを備えており、毎秒24コマのフィルムで製作された映画コンテンツの再生に優れるとのこと。

 これは従来24コマの映像信号を60コマのテレビ映像信号に変換する際に採用していた「3:2プルダウン」を倍速用に最適化したもの。三洋電機では、5:5プルダウンモードにより、単純に倍速化した「6:4プルダウン」で生じてしまうズレをなくし、よりフィルムソースに忠実な再生ができるとしている。

5:5プルダウンモードの解説図 5:5プルダウンモードの解説図

 また、黒表現や色再現力についても新技術が投入されている。コントラスト比6万5000対1を実現するために、60分の1秒単位で絞り量を制御可能にする「新バリアブルアイリス機構」を採用。合わせて光学補償板を液晶パネルの前後に2枚搭載した新光学エンジンを搭載し、黒の締まりを高めた。

 色再現力では、従来比約110%に向上させた「シネマカラーフィルター」を採用。色純度を上げることで、RGBの各色がより豊かに表現できるという。

 これにより、映画コンテンツ再生時では上下の黒帯がきちんと沈むことで目立たなくなるほか、赤色ならば沈んだ赤からピンクのような淡い赤色まで微妙な色の違いを表現できるようになった。

 本体サイズは高さ146mm×幅400mm×奥行き346mmで、重量は7.5kg。HDMI端子を2系統備えたほか、コンポーネント入力2系統、Sビデオ入力1系統を装備する。「大口径・低静音シロッコ冷却ファン」を搭載することで、動作音は前機種同様、静かなシーンでもファンノイズが気にならない19デシベルに抑えた。

「LP-Z3000」 「LP-Z3000」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加