logo

RIM、BlackBerry向け「ライフスタイル」アプリケーションを拡充--iPhoneに対抗

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年09月12日 15時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--AppleのiPhoneに真っ向から挑むように、Research in Motion(RIM)は米国時間9月11日、BlackBerry向けのアプリケーションを多数発表し、スマートフォンのBlackBerryを一般消費者にアピールした。

 同社のBlackBerryは企業で熱狂的に受け入れられたが、そのキラーアプリケーションとなったのは電子メールだった。今度は一般消費者の心をつかもうと、先だってBlackBerry Boldを北米市場に投入、さらには折りたたみ式のPearl 8220を10日に発表した。また同社は、共同最高経営責任者であるJim Balsillie氏の言うところの「ライフスタイル」アプリケーションを提供する。

 RIAは11日、「CTIA WIRELESS I.T. & Entertainment 2008」で、多彩なBlackBerry向けアプリケーションを連続して発表した。

 いずれも特定のアプリケーションメーカーと手を組んだものだが、これが初めてというわけではなく、2007年のCTIAのトレードショーでもFacebookアプリケーションをプラットフォームに組み込んだと発表している。このRIM向けFacebookアプリケーションは、Balsillie氏が同日行った基調講演によると、この1年間だけで250万回ダウンロードされたという。

 そして、2008年、自社のスマートフォン向けアプリケーションを新たに加えたというわけだ。Microsoftと組んで検索を、MySpaceとは他のソーシャルネットワーキングサイトへの高速なアクセスを、TiVoとはDVRのリモート予約と閲覧機能を、Ticketmasterとは移動中にコンサートやイベントのチケットを購入できる機能を、SlackerとはBlackBerryの利用者向けに音楽ライブラリーを提供する。

Microsoftモバイル検索

 RIMはBlackBerry BrowserにMicrosoft Live Searchを組み込んだ。デフォルトの検索エンジンはMicrosoftになり、BlackBerry Mapsで近くにある飲食店や映画館を探すなど、文脈とロケーションに応じた検索ができるようになる。複数の言語に対応して、2008年内にサービス開始の見込み。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集