logo

「Movable Type」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)の報告によると、シックス・アパートが提供するウェブシステム「Movable Type」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が確認された。この脆弱性が悪用されると、特定のウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性がある。

 この脆弱性の影響を受けるシステムは、Movable Type 3(3.36およびそれ以前のバージョン)、Movable Type 4(4.20およびそれ以前のバージョン)、Movable Type Enterprise 1.5(1.54およびそれ以前のバージョン)、Movable Type Enterprise 4(4.20およびそれ以前のバージョン)、Movable Type Community Solutionとなっている。

 シックス・アパートでは、これらの脆弱性を修正した最新バージョン「Movable Type 4.21」「Movable Type 3.37」「Movable Type Enterprise 1.55」を公開しており、バージョンアップを推奨している。

-PR-企画特集